アクセスカウンター
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 魅せる写真術 発想とテーマを生かす撮影スタイル
  4. バイブル » 
  5. 写真 » 
  6. 魅せる写真術 発想とテーマを生かす撮影スタイル
Information
How to

Motion Library

・ 手書きのイラストを自動でトレースする。(08/11/15) ただいま準備中です。
   
   

Books

Movie
・ CGWORLD 2008年12月号 vol.124(08/11/29) ・ ウォーリー(08/12/15)
・ スピード合格!色彩検定2級(08/11/14) ・ レッドクリフ Part I(08/12/9)
・ 魅せる写真術(08/11/11) ・ ハンサム★スーツ(08/12/5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中参考になったらクリックお願いします。

ブログ王BlogランキングBlog7ブログランキング【くつろぐ】

にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 映画ブログへ

  • Genre:

魅せる写真術 発想とテーマを生かす撮影スタイル

魅せる写真術 発想とテーマを生かす撮影スタイル魅せる写真術 発想とテーマを生かす撮影スタイル

(2007/05/19)
著者/訳者名:伊藤美露/著
出版社名 :エムディエヌコーポレーション
サイズ :159P 26cm
価格:2,079円(税込)

Amazonで商品詳細を見る


ゆずぴーの声
おすすめ度:★★★★
読んだ日:2007年10月10日
入手場所:Amazon
感想:写真に対してモヤモヤしていたものがこの本一冊で解消しました。写真の全てのノウハウがこの本には書いてあり、読めば後は多くの写真を考えて撮るだけできっと上達すると思います。
私は3DCGの構図やライティングのために写真を勉強しようと思って読んでいただけなので、まだ全然写真は上手くありませんが、いずれは一眼レフを買ってカッコいい芸術的な写真を撮れるようになりたいです。
本の内容
・エディターレビュー

出版社/著者からの内容紹介
 写真を本格的に学びたい方のために、「写真とは何か」「光
とは?」「魅せるイメージとは何か」をエッセイ仕立ての文章
と美しい作例により、イマジネーション豊かに解き明かしてい
きます。デジタルかアナログかを分け隔てなく解説し、写真の
イメージづくりにルールや秘訣、変わらない法則があるとする
ならば、それを共有するための本です。
 この一冊で「魅せる写真術」の奥義を学び、イメージづくり
の感性豊かな世界に浸っていただくことができます。初級・中
級者にとっては、ひとつ上の「写真の教科書」として、また上
級者にとっては技をさらに極める、本格的な写真講座。日本図
書館協会選定図書。

著者からのコメント

本書を読み終えた後は、誰もが思いどおりの作品づくりがで
きる秘訣を学んでほしい、と願っています。ハイアマチュアや
プロのクリエイター、 また学生や初心者の方々にも、「魅力
的な写真とは何か」を本書の中心に据えて書き下ろしています
ので、お好きなところから読み始めてください。
 日常世界を美しく撮る、私なりの工夫だけでなく、経験豊富
な写真家でしか知り得ないような取っておきの秘訣、プロのラ
イティング等の技法も、イラスト解説付きで公開しています。
「美しさの源」「感動するこころ」「写真を通して何を見つめ
てきたか」も随所で触れましたので、このような本はこれまで
になかった、という感想を数多く戴いています。「技」では限
りなく上級者に、「こころ」では誰もが作家に近づいていただ
くための本です。

著者について
写真家・美学家。ドイツで写真アーティストとして活動した
後、NYに移住。アートからドキュメンタリー、ヌードからセ
レブリティ・ポートレイトまで、ジャンルを越えて、世界の第
一線の写真クリエーションの世界で活動。慶應義塾大学にて美
学美術史専攻を卒業後、渡独。ドイツ国立ルール大学にて哲学
を、エッセン大学にて写真と応用美術を学ぶ。ドイツ・ジャー
ナリスト連盟 (1989~2002)、日本写真協会、日本写真芸術学
会、NY Art Directors Club会員 (本デー
タはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
カスタマーレビュー

基本を教えてくれる優れた一冊★★★★★
2007年6月1日リリース。写真がステキな人のブログがとてもめだつこの頃、いつも楽しみにしているブロガーの方に紹介してもらった(ブログの中でも『参考にさせてもらっている』と紹介している)本である。筆者は風景から人物、ドキュメンタリーのまでひとつひとつ丁寧に解説してくれていて、写真が下手くそなぼくですら、意欲が湧いてくる本だ。

筆者の伊藤美露氏はドイツやアメリカで活躍中の写真家である。読んでいると基本的にキャノンのカメラがお好きなようだ。ちなみにぼくが最近とても気になっているのはリコーのデジコンで、アスペクト比1:1で撮れたり、28mmの焦点距離、白黒(TE)設定での優れたGR DEGITAL IIがずば抜けて魅力的だ。そのブロガーの方はまさにそれを実践していて、この本の知識との組み合わせでめちゃくちゃ魅力的な写真中心のブログを更新している。

基本を教えてくれる優れた一冊だ。

写真集とハウツー本とが合体、求めていた本が登場!★★★★★
すごい!! 膨大な写真のデータ量と説明文。
よくここまでつくりました。
普通ならば3~4冊の本を買わなければ得られない情報が「1冊」にまとめられています。
著者は国際派の写真アーティストとしての評価も確立されている人だけに、どれほど幅広くものを見てきたか、その視覚体験の豊かさ、ノウハウの密度には、写真で「上」を目指す人は誰でも、魅せられます。
写真集とハウツー本とが合体した感じで新しい本だと思います。



Amazonより

第1章 写真の基礎知識(カメラのフォーマット、画質と高機能の基準
露出と絞り、シャッタースピード
レンズと画角 ほか)
第2章 写真の「変わらない法則」とは?(光をつかまえる
さまざまな光
光の色と粒状性 ほか)
第3章 「魅せる写真術」の撮影スタイル(光の射し方と表現
光と影の表現
黄昏時の光で撮る ほか)

-写真術- 関連書籍


この本が買えるサイト一覧
セブンアンドワイブックサービス4週連続ポイントアップキャンペーンTSUTAYA onlineブックオフオンライン総合雑誌定期購読サイト「マグデリ」ユーブック
スポンサーサイト

ランキング参加中参考になったらクリックお願いします。

ブログ王BlogランキングBlog7ブログランキング【くつろぐ】

にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 映画ブログへ

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://cgcreaterslibrary.blog36.fc2.com/tb.php/61-bab759a6 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

検索フォーム
[サイト内検索]

[Google]

[Amazon]
ゆずぴーのおすすめ商品
キーワード

映画 CG アニメーション キャラクター モデリング Maya エフェクト テクスチャ ダイナミクス デッサン レンダリング ライティング AfterEffects 色彩 デザイン 3DCG 2D カメラ プラグイン 合成 Adobe 3D フィルタ マテリアル メタセコイヤ マンガ 写真 3dsmax 技術書  テクスチャー クリエーター 人体 

カテゴリ
ゆずぴーの読みたい本
カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
 ・CGリンク集

ランキング
ブログパーツ
 
人気商品ランキング
順位
商品
件数
PR
Maya2008の学生・教員版
1
ヒューマンCGキャラクター―CG WORLD ARCHIVES
2
2
CGモデリングバラエティ―CG WORLD ARCHIVES
1
3
アニメーターズ・サバイバルキット
1
4
スピード合格!色彩検定2級
1
5
Production Studio マスター After Effects
1
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
PR
Mayaの買い方いろいろWinMac
   
スポンサーリンク
Powered By
Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

TSUTAYA online

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ

PING送信プラス by SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。